大阪の昭和町から鶴橋へ移転した天晴堂鍼灸院では、東洋医学に忠実な鍼灸による弁証論治『北辰会方式』の鍼灸治療のみ行なっております。
大阪、天王寺区の鶴橋にある『天晴堂鍼灸院』では少数鍼治療を行っております。
天晴堂鍼灸院は大阪市内、天王寺区の鶴橋にあります。
診療案内アクセスQ&A

ほりうち  さいりゅう
堀内 齊毉龍

【所属】
(一社)北辰会 講師
日本伝統鍼灸学会会員
日本東洋医学会正会員

藤本蓮風先生の直筆の書、『一如』

【略歴】
◆1995年    北海道大学理学部生物学科卒業後、行岡鍼灸専門学校へ。
◆1996年11月 難病治療実現を目指して鍼灸学術団体「北辰会」に入会。
◆1998年4月  鍼師国家資格(第111480号)取得、灸師国家資格(第111439号)取得。
北辰会代表藤本蓮風氏に師事し藤本漢祥院にて毎週研修開始(現在も継続中)
◆2000年7月  大阪市内、昭和町に天晴堂鍼灸院開院
◆2008年8月  大阪市天王寺区の鶴橋に天晴堂鍼灸院を移転

【研究・活動等】
●2000年 第49回全日本鍼灸学会学術大会 『弁証論治に基づく少数穴治療による痛経
 (生理痛)の症例』 発表。
●『医道の日本』 誌に、
1)北辰会方式治験例集として、
①「不正性器出血と生理痛」 
②「上肢痛」 
③「不妊症」
④「メニエル症候群と診断された眩暈」
⑤ 「子宮全摘出手術後から11年間続いた往来寒熱の症例」
  の治験例を投稿掲載。
2)腹診と鍼灸治療の特集で、「夢分流腹診と腹部打鍼術およびその症例」を執筆掲載。
●『鍼灸OSAKA』 誌に、
 1)症例「うつ病」「過敏性腸症候群」治験例を報告掲載。
 2)論考として、藤本蓮風先生と共著で「医療面接考」を提言。
●2004年~『ほくと』誌に、「症候各論シリーズ」等執筆掲載中
●2007年10月 第35回日本伝統鍼灸学会実技供覧 夢分流腹部打鍼術の解説担当
●2008年6月 第59回日本東洋医学会学術総会「冠攣縮型狭心症の治験例」を発表。
●『鍼灸ジャーナル』 第4~8号に「東洋医学者のための思考バイエル」連載。
●2011年8月中旬、『弁証論治のための論理学~会話形式で学ぶ東洋医学の実践思考法~』が緑書房より発刊。

TOP | 院長プロフィール | 診療案内 | よくある質問 | アクセス | リンク